<報告>11月21日らいとぴあ夜間学校・大学部『世にも不思議な光のはなし』

11月21日(土)のらいとぴあ夜間学校大学部の授業はたくさんの虹を見た回でした。講師の江角陸先生は小学生の子供たちを対象に「おもしろ実験教室」を開催している先生なので、授業はとてもわかりやすく、さらに光の世界を体験できた授業でした。「世にも不思議な光のはなし」ということで、授業の始めに配られたのは「虹色観察器」。一見、長方形の厚紙の真ん中に四角い窓を開けて透明なフィルムを貼っただけのものですが、フィルムの部分で白熱灯の明かりを覗くと、万華鏡のような虹色の世界が広がりました!「虹色観察器」は普段人間が見ている光を分解して光の本来の姿である波長の色を見ることができるのです。人が見ることができる光は「可視光線」、人が見ることができない光には「赤外線」「紫外線」「電波」「X線」「ガンマ線」などがあり、これらの光をまとめて「電磁波」と呼んでいます。人間の目は、電磁波の波長の振動を網膜にある視細胞で受け取り、それぞれの波長の信号の強さによって脳で色を作り出しています。だから人間とほかの動物では色の見え方は全く違うし、同じ人間でも人種によって見える色は違ってくるのだそうです。人の目は三原色で世界を見ますが、鳥類の目は四原色で世界を見ているのだそう。四原色の世界はどんな色で溢れているのか、見てみたいですね。人が見ることができる可視光線は「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」、いわゆる虹色です。緑から赤にいくほど波長は長く、紫にいくほど短くなり、波長が長いほどエネルギーは弱く、短くなるほど強くなります。つまり、紫の光より波…

続きを読む

もっと見る