<報告>「子どもと防災体験」プログラムを実施しました。(子どもプログラム編)

去る7月2日の日曜日、大阪大学の学生さん持ち込み企画「子どもと防災体験」をおこないました。学生さんたちが企画した子ども向けプログラムでは、らいとぴあ周辺の地域の危険箇所や安全な箇所を見てまわるまち歩き、実際に体育館に避難してきたとして段ボールを使った避難スペースづくりなど盛りだくさん。 6つのグループに分かれて出発したのですが、グループの中には幼児さんがいたり、サポートが必要な中高生がいたり。実際に災害が起こったときに、自分で自分の身を守れるようになることはもちろんですが、周囲にいる手助けが必要な人たちのことも気遣えるかどうか。そんなことも意識しながらのグループ活動でした。 まち歩きから戻ってきてそれぞれ大きな地図に危険な箇所(赤シール)、安全な箇所(青シール)を貼り、それぞれ付箋に気づいたことを書いてみんなの前で発表。大きな防災マップができあがりました。 あたりが薄暗くなってきた頃、電気がつかない、水も止まったと想定した体育館で、段ボールを使った避難スペースづくりへ。こちらも、・グループの1人だけの意見ではないこと・グループ全員が居心地の良い場所を作れているかといった観点でグループ活動を促しました。 (写真は、最後の振り返りで電気が着いた状態の体育館にて) その後大人向けプログラムで作られたアルファ化米のごはんと豚汁を電気がつかない真っ暗なぴあぴあルームで食べました。数本の懐中電灯だけでごはんを食べる非日常。 すっかり暗くなった体育館に戻り、自分たちが作ったスペースで実際…

続きを読む

<報告>萱野小学校1年生のらいとぴあ探検

7月7日は「七夕」でしたね。 この日地域の小学校の1年生が学校の授業でらいとぴあ探検に来てくれました。子どもたちは何グループかに分かれてらいとぴあ内の取り組みを体験します。 その中の1グループが七夕飾りを一生懸命作り、笹の葉がとても華やかになりました。お願い事もたくさん書きました。 らいとぴあの正面玄関に飾らせてもらい、子ども達や親子連れの方が立ち止ったり、親子で七夕を眺める光景がとても素敵でした。 お願い事が叶うと良いですね。

続きを読む

<報告>防災について考えるまもりんぴっく開催

3/25(土)に「防災について考える地域運動会 まもりんぴっく」が開催されました。 こどもと保護者、地域の方あわせて70人くらい集まって、競技をしながら防災について学ぶ機会になりました。 オープニングダンスをみんなでおどった後、 第一競技は【大声だし】です。一斉に大声を出して同じチームの人が何を言ったか聞き取ります。普段大きな声を出すことがないので、いい機会になりました。 第二競技は【新聞紙スリッパ飛ばし】。新聞紙で簡易スリッパを作り、だれが一番飛ばせるかを競います。いざというときに役立つスリッパ。作り方覚えてくれたかな。 その次は【バラエティ走】です。ケンケンパ⇒平均台⇒ネットくぐり⇒麻袋でジャンプ⇒机トンネル⇒スプーンでボール運び⇒バケツリレー の順で進みます。幼児さんから高校生までがんばって走っていました。 最後は大人もこどももみんなで綱引きをしました。 たくさんの参加者と防災について考えることができ、有意義な時間となりました。

続きを読む

<こども活動報告>「みぼっく」活動中!

「みんなでボルダリングを作ろう!」という夢に向かって、『みぼっく』というグループを小学5年生のこども達が結成してもうすぐで1年。今までもフリーマーケットやらいとぴあ1階展示コーナーでホットケーキサンド屋をオープンさせながら、ボルダリングを作るために積み立てをしています。こどもたちの「どうやったらボルダリングをつくれるんやろう?」というつぶやきから、今回は大阪にある「じゃがいも子どもの家」の手作りボルダリングの視察にいってきました。「大阪市子どもの家事業じゃがいも子どもの家(以下 じゃがいもさん)」は大阪市生野区で子どもの居場所事業をされています。昨年はぴあぴあに来ているこども達とじゃがいもさんに行って一緒にあそんだりしました。その時からみんなに人気があった「手作りのボルダリング」。今回は「ボルダリングをどうやって作ったのか?作ったきっかけは?」などを聞きに行きました。この日はじゃがいもさんで「餅つき」をしており、一緒に餅つきをしたりまるめたり…。はじめは緊張していたこどもたちも最後はじゃがいもさんに来ている子どもや家族さんと一緒に楽しく過ごしていました。【参加したこどもの感想】じゃがいもの家にいってきてボルダリングをして、おもちつきをした。いろんな人が使えるからボルダリングをつくったらしいです。作るのにお金は10万円くらいかかることを知った。がんばろうとおもった。

続きを読む

<報告>親子DEチャーハン選手権を開催

二代目キッズカフェが結成されてからはや3ヶ月。もともと「チャーハンを親子でつくりたい」というつぶやきから拡がり、こどもたちの「料理をしたい」という気持ちが形になってできた「二代目キッズカフェ」。今回はその思いを形にするため「親子DEチャーハン選手権」を開催しました。まずは子どもとどんな風にすすめるかなど打合せをしました。(1)おうちの人に家でつくっているチャーハンのレシピをかいてもらう(2)親子バラバラでチームわけする(3)チームの中でどのレシピのチャーハンをつくるかを決める(4)つくる(5)一番おいしかったチャーハンに投票してもらう(6)票が多かったチームが優勝優勝チームは展示コーナーでチャーハンのお店を出すときのレシピとして採用されることになりました!今回はおうちの人も参加してもらい、ABCの3チームに分かれてチャーハンをつくりました。学校の先生達も様子を見に来てくれて急きょ参戦!こどもと一緒に真剣に美味しいチャーハンを作っていました! そして、いよいよ結果発表!なんと!1票差でAチームが勝利!優勝したこどもたちはとびはねて喜んでいました。「むっちゃくやしい…」というこどもをみて「悔しい経験をばねにして『よし、次はがんばろう』って思える経験も大切やね。」とご家族の方の一言。喜びも悔しさもいっぱい詰まった思い出いっぱいのチャーハン選手権でした。二代目キッズカフェ、次はどんな楽しい事をするのかな?

続きを読む