<報告>連続セミナー企画『差別する心を科学する』第2回目

連続セミナー企画『差別する心を科学する』の第2回目が11月23日に無事終わりました。第2回目は「差別する感情と意識を解剖する」をテーマに3名の大学院生にそれぞれの研究を発表して頂きました。LGBTの研究をしているお2人からは、「親友からカミングアウトされた時の心理的メカニズム」と「同性愛者に対する無意識の偏見がどう態度としてでるのか」についてお話しをして頂きました。ジェンダー自尊心(「男性」であること、「女性」であることなど)を守るために「否定的な態度を取ることがある男性」に対して「同性愛者に寛容であることでジェンダー自尊心を維持している女性」という男女でも違うことを分りやすく説明をしてもらいました。また、「無意識の偏見の表出」は「差別を正当化すること」で偏見が表にでるようになる(「同性結婚反対」の裏には「全ての人が平等に結婚できる権利を持つべき」という平等主義の考えが結果として差別の正当化につながる)ということを、自身の研究結果をふまえて説明してもらいました。 3人目の方は自身が大学時代に感じた「みんな差別のこと知らんやん」という実感から始まり部落差別とは何か?部落民とは誰なのか?差別するとはどういうことなのか?を話して頂きました。その中で「無意識に差別をされることもある」という話や(「普通の人なんですね」と声をかけられることや講演の様子をブログアップされるなど)同和対策事業特別措置法失効後の部落問題の学び方に変化があるのでは(当事者との出会いを通じた学習やフィールドワークに行かなくなったなど…

続きを読む

<報告>『連続セミナー企画 差別するこころを科学する』第1回目

連続セミナー企画『差別するこころを科学する』の第1回目が11月12日に無事終わりました。なんと、65名の方に参加して頂きました。ありがとうございました。 第1回目は大阪市立大の池上知子さんをお招きして「なぜ人はひとを差別するのか」をテーマにお話をして頂きました。社会心理学の観点から差別する構造やステレオタイプや偏見が無意識のうちに形成されていることを分かりやすく説明していただきました。 お話しの中で出てきた「ドクタースミス問題」というクイズでは、「当たり前の答え」があるのに、無意識のうちに様々な情報を得ていることが原因で「当たり前」にたどり着けず、偏見へと変わってしまっていることを実感した人は多かったのではないでしょうか。 また、同じ失敗や犯罪をしても「マジョリティよりマイノリティが目立つのはそもそもの数が少ないからだ」というのも様々な研究結果を元に分かり易く説明をしてもらい「なるほどなぁ」と納得された方もいました。 今回のセミナーの中で「潜在連合テスト」を参加者全員でやりました。潜在連合テストとは、様々な社会的対象に対する潜在的態度を測定することができるもので、今回は男女に対する潜在的態度を測定してもらいました。結果に対しては、それぞれ思うところありましたが、自分の中にある男女に対するすり込まれたイメージを知る機会になったのではないかと思います。 アンケートには、「無意識のことを意識することの難しさ、意識した上でそれを受け入れることの難しさを感じた」と言う意見や「無意識の中でステレオタイ…

続きを読む

<報告>暮らしのごはんがこどもをつくる

去る3月4日、展示コーナーでトークイベント 「暮らしのごはんがこどもをつくる」を開催し、講師の入交享子先生から、食をとりまく素敵な力をお話していただきました。 また、こどもたちのごはん屋台(チャーハン・ホットケーキサンド)と喫茶ペコ(コーヒー・ジンジャードリンク・ハーブティ・天然酵母パン)の販売がありとても賑やかな会場となりました。 「わたし達の身体は口から入る食べ物と呼吸から得られる酸素と、愛情から成り立っている」 「日々の食事を誰かと一緒に作ったり楽しむ中で育ったこどもは、誰かを思いやる気持ちや感謝の気持ちをもって成長する」 お話が30分を過ぎるころには会場全体が先生のお話に引き込まれていく空気感を感じました。 こども達はこの日まで、「食」を通じていろいろな場面で作る食べるを楽しんできました。 そして地域の方々と「食」を通じて泣いたり笑ったりと毎日を過ごしています。(これまでの活動をご参照ください) <報告>二代目キッズカフェメンバーの鍛錬! こども調理部隊『二代目キッズカフェ』の活動 これから、どんな「食」が繰り広げられるのかそしてつながっていくのか楽しみです。

続きを読む

次回で最終回!角岡伸彦さんとカンガエルふしぎな部落問題。

10月29日からスタートしている、連続セミナー「角岡伸彦さんとカンガエルふしぎな部落問題」。これまで3回を終え、少しどんな様子だったのかご紹介します。 第1回目は10月29日。角岡伸彦さんの生い立ちから新聞記者時代の話、今もなおなぜ部落問題が残っているのか(残してきたのは誰なのか)、ネットでの部落問題などの話がなされました。残念ながら部落の未来については時間がなく話をきけなかったのですが。「どこ?誰?」をキーワードに、自分の経験談や現状の部落問題を分かりやすく話をしていただきました。 第2回目は11月12日。角岡伸彦さんと熊本理抄さんとの対談。テーマは「部落民であるということ」。暗い話になるのかと思いきや、いきなりアメリカ大統領選挙の話から始まり、熊本理抄さんの生い立ちの話へ。「おもしろ」ストーリーを交えながらの語りで掴みばっちりの雰囲気の中で対談が進んでいったのですが、今回のキーワードは「私」。「我ら」と「私」、「集団」と「個」、【「むき出しの権力」に「むき出しの個人」で立ち向かう】などなど活動、運動の中で「私」を主語として語られることが少ないことへの葛藤があると話していただきました。また、「部落民であるということ」とは「自分で自分をどう定義するのか」だとも話されていました。第3回目は11月26日。角岡伸彦さんと野口道彦さんとの対談。テーマは「誇ること、暴かれること」部落民とは?実体でみるのか、関係性でみるのか。「もし、あなたが部落民であるとみなされたらどうしますか?」という問いかけを大…

続きを読む

お肉ワークショップその後(鶏農家さん見学)

半年前の9月、職員研修ということで、鶏のとちくワークショップを実施。→http://raipinews.seesaa.net/article/426228269.html今日はその時お世話になった鶏農家さん(この呼び方でよいのかどうか・・?)のところへ見学&新たな企画の打ち合わせに行ってきました。 棚田で、なるべく自然に近い状態で・・・平飼いの自然養鶏を行っている農家さん。鶏小屋を見せてもらった。小学生の時、鶏当番に当たった時は凶暴な雄鶏を前に恐怖でしかなかったけど、久しぶりに見た鶏は記憶の中の鶏より穏やか・・・。 ひよこから大きくなって卵を産むまで半年くらい。鶏小屋の中で、いろんな話をお聞きした。竹の粉を発酵させたものや、腐葉土、野草を中心にした自家飼料を使われている。一つ一つ見、匂いを嗅がせてもらった。メェも居る。その横には、鶏農家さんならでは、小さすぎず成鶏でもない中途半端さがたまらん可愛さのピヨ子たちもいる。しかもコタツの上できゅっと固まってぬくぬくしているんですね。(成長期的に保温の必要があるため)恐ろしく崖っぷちでぎゅんぎゅんの坂を上って下って必死の覚悟で到着した先の、棚田天国。仕事を忘れ、しばらくぽや・・・っと遠足気分に浸った。 その後、お肉ワークショップのミーティングもきちんとしました。かしこ。ぜひお楽しみに。

続きを読む