<報告>11月11日まなびカフェ【生き方を知る】子育て×大学院という生き方

11月11日のまなびカフェのゲストは桂ノ口結衣さん(大阪大学文学研究科臨床哲学博士後期課程)でした。 ~大学は「研究」するところ。 でも「研究」は研究者の日々の生活とは切り離された次元に存在するもの…なのか? そうあるべき?本当に?子育て学生という存在を通し、一緒に考えてみませんか。~この日の講師は、以前(2015年7月)らいとぴあ夜間学校『お散歩哲学』の講師としてもお越しいただいた、桂ノ口結衣さん。現在二児の母である桂ノ口さん。昨年の夏、大阪大学で学ぶ子育て中の学生たちのためのネットワークを立ち上げ、茶話会やホームページなどを通して孤立を防ぐ活動をしておられます。・哲学は自分の考えを考える作業・わたしにとって好きとはなんだろう・あたりまえの中になにがあるだろう・研究テーマは「ときどき」 今現在、学んで研究している事をはじめにお話していただきました。母親の病気や死が原因で大学に行くことが辛くなり、自分のプライベートについて全く知らない大学の先生や窓口に、母の死について書かなければいけない書類の多さ。―大学(研究)とプライベートは切り離されている―暴力的な父、祖母の養子となった弟。戸籍などしょうもないと思っていた。でも失くしてしまったからこそ早く家庭を作らないといけないという気持ちや焦り。その時付き合っていたパートナーにボランティア入籍をしてもらったそうです。そのパートナーが参加していた青年海外協力隊の赴任地に旅行することに。場所は西アフリカのマリ。日本とは逆で、マリの人たちは喧嘩をすることは多い…

続きを読む

まなびカフェブロガーさんご紹介

まなびカフェのブロガーさんご紹介 まなびカフェには、密かなブロガーさんたちがいます。「行きたかったけど予定があって聞けなかった!」というみなさまへ、ブロガーさんたちがまなびカフェの様子をレポートしてくれています。ぜひご覧ください。 いつの間にか、文章を読むだけでどのブロガーさんかわかるようになるかも?しれません。 Hさん 好きな食べ物:特になし(紅茶は好き)休みの日の過ごし方:宝塚観劇 Mさん好きな食べ物:いちごタルトと唐揚げ休みの日の過ごし方:プロ野球観戦・音楽鑑賞・水族館巡り・散歩*1991年生まれ。箕面育ち。大の虫嫌い。視野を広げて前向きに生きようと奮闘中。

続きを読む

10月12日まなびカフェ報告「ぐだぐだのススメ~働く人も働かない人も~」

今回のまなびカフェは、NPO法人「フォロ」の事務局長で若者の居場所「なるにわ」のコーディネーターでもある山下耕平さんと「なるにわ」参加者の谷口玲央奈さんのお2人のお話でした。「フォロ」は大阪市内でフリースクールを開いていて、土曜日は18歳以上の人がゆるやかにつながる場として、「なるにわ」という居場所を開いてます。そこで、さまざまな活動や当事者研究を展開しています。まなびカフェでは、数ある活動の内のいくつかを紹介していただきました。 まずは「ひきこもるデー」について。名前からしてなんともインパクトのあるタイトルですが、これは新年度で何かと変化にさらされる4月1日、ゆっくりひきこもって一息つきましょう、という日だそうです。すでに「世界的な記念日」だそうで、ひきこもるデーを意図せずとも自分の家や部屋で過ごしている人は全員参加者としてカウントされるので、今年の参加者は国内だけで最低でも54万1000人(推定)だったそうです。お次は「くさ研」について。くさ研とは、生きづらさというほどではないけど、日頃感じるめんどくさいことを井戸端会議的におしゃべりする会です。過去、現在、未来のめんどくさいことをまとめて「くさごと」として、サイコロをまわしてそれぞれの「くさごと」を話します。そのみんなの「くさごと」を水に溶ける紙に書き、最後に側溝に文字通り流してしまうのだそう。お2人がパーソナリティーを務める「なるにわラジオ」でも「くさごと」を募集しており、くさ研でもリスナーからの「くさごと」を共有したり、その逆でくさ研で…

続きを読む

11月18日まなびカフェお知らせ『スペシャルJAZZライブ~ジャズボーカリスト×ウイスキーテイスターという生き方』

10月からスタートしたまなびカフェ。定員15名ほどで毎回ほっこりしつつも、各回ゲストの濃ゆいお話を楽しんでいます。 さてさて次回のまなびカフェは、ジャズボーカルとギターのスペシャルライブ付き! 11月18日(土)14時~15時半 ゲスト:石田裕子さん(ジャズボーカリスト・サントリースピリッツ株式会社山崎蒸留所シニアテイスター)https://ameblo.jp/yukoblog1008/ シリーズ【はたらくを考える】スペシャルJAZZライブ ~ジャズボーカリスト×ウイスキーテイスターという生き方~ 神戸ジャズボーカルコンテストグランプリ受賞後もサントリーの仕事と並行してボーカリストも引っ張りだこの日々を送る石田さん。そんな彼女の生き方からは人生折々のターニングポイントが。ハイボールのつくり方を教えてもらいながらお話を聞き、後半はジャズライブをお届けします。 共演者:能勢英史さん1968年 兵庫県生まれ。音楽専門学校を卒業。19歳の頃よりジャズクラブで演奏するようになり、国内外多数のプレイヤーとのセッションを経験。 アコースティックな歌伴奏から、エレクトリックなオルガントリオ、またビッグバンドまで様々な編成において、そのプレイが注目を浴びる。 宮下博行氏とのデュオアルバム「conversation」では、ピアノとギターのみで叙情的なインタープレイを、また魚谷のぶまさトリオのアルバム「とびだせJACK1、2、3」では、オーソドックスなスイングスタイルを披露。その柔軟性を示す。 さらに近年…

続きを読む

<レポート>2017年10月26日まなびカフェ 【はたらくを考える】僕が「ニッチでセンチなおさがり古本屋」を始め…

まなびカフェ第3回は、本好き・本屋好きは知っている『ぽんぽんぽんホホホ座 交野店』の店長さん、ぽんさんこと村上豪さんが先生でした。交野市は大阪の北東部、ひらパーで有名な枚方市のお隣にあります。人口は8万人に満たないくらいで、だいたい箕面市の人口の半分。ぽんさん曰く「店がない」ところです。そんな交野になぜ、大阪・中崎町にあるようなサブカル系の古本屋を開店させたのか。座談会のようなアットホームな雰囲気の中、ぽんさんのお話は和やかに始まりました。 若い頃は芸人を目指していたというぽんさん。芸の道を諦めた後、「ヴィレヴァン」の愛称で親しまれているサブカル系本屋の走り『ヴィレッジヴァンガード』や、本屋好きが必ず通る道『スタンダードブックストア』、マニアの天国『まんだらけ』などで働いてきたそう。ぽんさんが働いていた頃の「ヴィレヴァン」は、社員1名(店長)・アルバイト4名ほどの店舗運営で1年毎に店長が変わるシステム。新任の店長は前店長と比べられバイトさんに値踏みされ、毎日「ヴィレヴァン」全店舗の売上と比較され月の残業時間は300時間…と、お話を聞いているだけで倒れそうな働き方をしていたのだとか。漆黒のブラック企業(ぽんさん談)でも仕事自体は楽しく、ぽんさんなりの勝ちパターンやバイトさんとのコミュニケーション術を編み出して店を作り上げたと語る姿に「ほんとにやりがいはあったんだろうなぁ」と感じました。しかし当然体を壊してうつ・パニック障害を発症、ヴィレヴァンを退社後スタンダードブックストアに勤めます…

続きを読む