<報告>10月のよみかき教室

報告がたいへんたいへん遅くなりました。


10月の授業

1週目は、かやのお宝人権まつりの出店準備でしおこぶづくり

2週目は、「リフレーミング」の授業

そして、1031日、かやのお宝人権まつりへ出店しました。


さて、毎年恒例のしおこぶづくり。

かやのお宝人権まつりで販売するために、ぎょーさんつくるんですよ、これがまた。

と言っておきながら、完成したものの写真を撮り忘れていましたー。

たくさんつくるのであれば、つくり方もさぞ豪快!

…というわけにもいかないのです。


こぶを小さくする作業や


1002① (640x480).jpg


山椒の実をひとつぶひとつぶにする細か~い作業があるんです。


1003⑥ (640x480).jpg


しおこぶが炊き上がってからも、2、3日に1回くらいの頻度で上下をひっくり返すように混ぜます。これで味が均等になるんですね~。



さて、9月の報告でお伝えした、お宝人権まつりで使うキャッチコピー。みなさん、見てくれましたか?

しおこぶ「ピリッとうまみがギュッ!

ふくでん「さくっとふわふわ さくふわ!!」

いもてん「そとはカリッ!ほくほくであっま~い

でした。

キャッチコピーの甲斐もあり、見事完売しました!みなさん、ありがとうございました。



さて、2週目は「リフレーミング」の授業。


~ある日、散歩をしていたユウコちゃんは迷子になってしまい、気づけば魔界に来ていました。

突然ユウコちゃんの前に現れた魔王!魔王は迷子のユウコちゃんにこう言います。

「おまえの性格の悪い部分をおれにくれたら、人間界へ帰してやろう」

さて、ユウコちゃんは無事、人間界へ帰ることができるのか!?!?~


先生からこんなプロローグを紹介されました。

この日の授業テーマである「リフレーミング」というのは、「別の視点で見直す」というようなことです。

具体的な例を挙げてみましょう。

「優柔不断」な人がいたとします。この優柔不断を別の視点で見直してみると、「思慮深さ」だそうです。

1つ1つの物事を注意深く十分に考えるから、選択に迫られると困るーってなことでしょうか。

このように、短所を長所に言い換えることをリフレーミングというそうです。


さて、プロローグの中で紹介された魔王。

もう、おわかりのとおり、実は短所を長所に言い換えることが大の得意だったのです!

それに則って、この日は2人1組となり、ユウコちゃん役の人は自分の短所をあげ、

魔王役のペアの人がそれを長所へ言い換えるという授業でした。

自分が短所だと思っていても、他人から見れば長所になりうる。

そんなこんなで目から鱗の連続で、参加者のみんなは、短所も長所なんだ!という気持ちでこの日の授業を終えました




(あれ、けど、ユウコちゃんはちゃんと人間界へ帰ることができたのかな…?)