水合戦!!

湿気と熱気でむっとした空気の中、暑い!熱い!水合戦をしました。


少しずつ、日が沈んでくる時間から水風船を作り始めます。

投げたい気持ちを我慢しながら、ある程度の数になるまでひたすら作る。

水を入れては結ぶ、入れては結ぶ・・・これがけっこう難しい。

水が多いと結んでる最中に弾けてしまったり、運んでいるときに割れたり・・・始める前から、風船の残骸が。


我慢できず、ホースで攻撃をしてくる高校生の妨害を受けながらもようやく水風船完成。


濡れる前に記念撮影!

P1150255.JPG


※この後、写真を撮るのも忘れ皆白熱していたため、写真はこの一枚のみです。


まずは、サバイバルゲーム。

各々水風船を2つだけ持ち、決められた範囲で投げ合う!当たったら枠から出て、当てられた人に残りの水風船を献上します。

自分以外は皆、敵!!

「あいつから狙おう」なんて甘い言葉を鵜呑みにすると、痛い目をみます。

勝つために、手段を選ばない中高生たち。

すぐ騙されました!


次は、チーム戦。

再び水風船を2つだけ持ち、ドッヂボールのコートのようなコートで投げあいます。

コートぎりぎりまで下がり、相手の出方を見る。

そんな駆け引きをくりひろげました。


最後は、団体戦。

チームだけど、戦うときは1人!

チームのためにも負けられない戦い。

どちらが仕掛けるかが勝負のカギでした。

白熱しすぎて、後ろに吹っ飛び転倒するというハプニングもありながら一番盛り上がりました。


絞れるくらいにドボドボになった服。

転んで、砂まみれになった全身。

夏の初めで少し肌寒かった夜。

笑いあり、笑いあり、笑いしかない時間でした。


最後には、あまり濡れていない人へホースの洗礼が待っていました。