おでかけ企画「雲原に田舎を感じに行こう!」


こんにちは

らいとぴあ地域教育課のれいちぇるです。


夏休みを利用してらいとぴあに集う中高生と共に、京都府福知山市雲原へ1泊2日のおでかけに行ってきました。

非日常の中で、それぞれにとってとても良い体験をつめたように思います。


ここからは、高校生の2人の書いてくれたブログを紹介します。

ーーーーーーー☆

7月27日(日)

今日は僕たち若者5人、スタッフ2人で京都は福知山雲原に来ました!

今日の気温は34度くらいでした。

写真 (2).JPG

阪急電鉄からJR福知山線に乗り換えて、それからまたKTR(北近畿タンゴ鉄道)に更に乗り換え・・・

一日の半分を電車で過ごした感覚でした・・・(笑)

写真 2 (2).JPG

そしてKTRを降りたら、すぐに大自然に包まれた感覚に!

箕面とは違いすごく涼しい気持ちいい風がそよそよと流れていました

写真 4.JPG

電車から降りてすぐの階段に、れいこさんとみなこさん(通称みなぴょん)がお出迎えしてくれました!

そして車に男女別々で乗って。龍雲寺まで車で直行。

写真 (1).jpg

龍雲寺に荷物を置いて、全員でブラブラと散歩しました。

カメラを持って先々行く人、ゆっくり雑談しながら歩く人、過ごし方は人それぞれでした。

写真 2 (1).JPG

その後、水車がある「みんなの水車広場」に行き、ピザ作りを皆で楽しみました。

写真 (3).JPG

ピザ作りを教えてくださったのは智子さんと毅之さんです。

ピザは石窯で焼き、最初は智子さんがお手本を見せてくれました(その後皆でおいしく食べました(笑)

S__1892370.jpg

その後は、自由行動となり、田んぼなどを探索したり、皆でリレーをしたりして、時間を過ごしました。

夜はBBQをしました。お肉はなんとイノシシのお肉とシカのお肉!とても驚きました。さすが田舎(°_°)

S__1892364.jpg

BBQを終え、皆は花火をすることに。三百本あるから時間が結構かかるだろうと思いましたが、結構15分くらいで終わりました(笑)

S__1892365.jpg

花火も終えたあとは、お風呂に行きました。男子風呂は貸し切り状態でした(笑)そしてお寺に戻り、れいちぇるさんが、「携帯がない」と言って大騒ぎに!幸いお風呂屋さんで見つかりましたがれいちぇるさんはすごく焦ってました(笑)

最後に皆がヒヤヒヤする出来事がありましたが、一日目も楽しく、ケガもなく終わりました!


ーーーーーーー☆


7月28日(月)

二日目は、明け方に雨が降り天気が心配でしたが日が昇る頃には晴天になり涼しいなかで雲原の小学生14人と一緒にカレー作りをしました!!

S__1892366.jpg

当初はプログラムが決まっていてカレー作りだけの予定でしたが、時間が余ったので外遊びをすることもできたので私のテンションはMAXでした\(^^)/

S__1892369.jpg

雲原の子どもたちはみんな元気で明るく遊んでいるこっちもとても楽しかったです。遊びの中で子どもたちの行動を見ていると、年上の子は必ず低学年の横につき「それはやってはダメ!!」と注意している姿をしばしば見ることがあったのですが、人数が少ない中でみんなが仲良く遊んでいけている理由はここにあるのかなと思った光景でした。

S__1892367.jpg

カレー作りでは包丁使い、大丈夫?と初めはヒヤヒヤしていましたがみんな慣れた様子で使っていてケガ人もまったくでずおいしい鹿肉のカレーが完成しました!!みんな食べ出してすぐに「おかわり!!」と言って作ってくれたおばちゃんたちもビックリな食べっぷりでした(笑)私たちもおいしく頂くことができ最後には手づくりのぶどうゼリーも食べさせてもらいました。ほんとうにみなさんにはお世話になりました。

S__1892371.jpg

そうこうしているうちにとうとうお別れの時間、「ありがとう!」のあいさつをしたあと少しだけ子どもたちと話す時間があったのですが仲良くなった女の子が側に走って来てくれて「次の夏休みもきてな!!」と言ってくれたときは本当に嬉しかったです!

また、機会があればぜひ訪れたいです。

S__1892372.jpg

最後に記念撮影をして子どもたちとはお別れです。なかなか別の地域の子どもたちと遊ぶ機会はないのでこんな体験をさせていただいた雲原のみなさんには感謝でいっぱいです、ありがとうございました!!