らいとぴあセミナー情報「つながろう大阪⇔福島」

らいとぴあセミナー、6月開催のお知らせです。

今回は放射能被害に苦しむ福島にて、子どもたちを被害から守る取り組みを
されている方をお招きし、現在の福島の現状などをお聞きします。

事故から2年経っても、いっこうに解決の糸口が見えない福島。
遠く離れた大阪でも、きっと何かできるはず。
いまから、いまだからこそ、いっしょに考えてみませんか?


ポスター(PDF)>> つながろう福島ポスター.pdf



(以下、開催情報。転送・拡散歓迎)

─────────────────────────────────
らいとぴあセミナーのご案内 
─────────────────────────────────

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓   
┃つ┃┃な┃┃が┃┃ろ┃┃う┃┃大┃┃阪┃┃⇔┃┃福┃┃島┃  
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
      __ささえあいが子どもたちを守る__
 

   【日時】 2013年6月15日(土)PM6:00〜

   【会場】らいとぴあ21(〒562-0014箕面市萱野1-19-4)
       3F視聴覚室

   【参加費】 無料 


 ※一時保育あります。6月7日(金)までにお申し込み下さい。


 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
 ┃東日本大震災から2年。 
 ┃今だからできる支援について、ともに考えてみませんか。
 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・


 ★★・・
  2011年3月に発生した福島第一原子力発電所事故。
  事故から2年経った現在も放射能の問題は深刻で、不安
  でありながらも県内にとどまらざるを得ない子どもた
  ち、そして親たちの精神的ストレスは計り知れないもの
  になっています。

  2年経過したいま、必要とされる支援のありかたとは?
  大阪に住む私たちができることって?福島の現状と保養
  活動の報告、らいとぴあ21周辺地域での取り組みから
  考えます。

  
 ★★・・  
   講師:吉野裕之さん
  (子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)

  ‥2011年5月1日に設立された保護者間のネット
  ワーク「子どもたちを放射能から守る福島ネットワー
  ク」に参加。また同年8月から地元の老舗市民活動団体
  であるNPO法人シャロームの「災害支援センター」に
  勤務。現在は主に、外遊びを控えている子どもたちへの
  保養プログラムの紹介や「原発事故子ども・被災者支援
  法」に関わって活動している。妻と娘は京都市に避難中。


 ■お問い合わせ・一時保育のお申し込み>>>>>━━━━━━━
 
  >> らいとぴあ21 TEL072-722-7400


  ‥主催:萱野中央人権文化センター(らいとぴあ21)
      http://www.raipi.org/
     
  ‥協力:ボランティアグループきずな
      http://blog.goo.ne.jp/kizuna2011