〈お知らせ〉7月喫茶モクイチ営業日

らいとぴあ入り口の展示コーナー喫茶スペース営業日のお知らせです。 7月6日(木曜日)午後4時から7時7月13日(木曜日)午後4時から7時7月14日(金曜日)午後1時半から5時半7月20日(木曜日)午後4時から7時7月27日(木曜日)午後4時から7時 人気メニューは、ぐうぐう珈琲が焙煎した珈琲と焼きたてスコーンです。他にも、飲み物や軽食がありますので是非お立ち寄りください♪ 7月13日と27日はレコードカフェの日です60年代後半~70年代後半の洋楽レコードをききながらちょっぴり豊かな時間を過ごしませんか?レコード持込みもOK!ぜひぜひお立寄りください♪※レコード持込みの場合は1品のご注文をお願いします。

続きを読む

<お知らせ>子どもと防災体験by大阪大学×らいとぴあ21

大阪大学未来共生イノベーター博士課程プログラムを受講している学生さんたちとらいとぴあ21の協働プロジェクトのイベント「子どもと防災体験」が、今週末の7月2日(日曜日)にらいとぴあにて開催されます。 この企画は、らいとぴあがある北芝地域が、1995年の阪神淡路大震災をきっかけに被災地(新潟、東北、熊本)での現地活動をおこなったり、後方支援をおこなってきた中で、地域内でも防災や減災に関する取り組みをおこないたいという住民さんの声を元に生まれました。 また、この何年間か取り組んできた防災について考える運動会「まもりんぴっく」にて、子どもや保護者とともに防災について少しずつ考えてきたこともあり、今回も萱野小学校区に住む小学生や保護者、地域の人たちを対象とした企画を実施します。 今回は、子ども向けプログラムと大人向けプログラムを準備しています。 <子ども向けプログラム>阪大生のお姉さんお兄さんと一緒になって、・まち歩きをしながら、危険な場所について知る・電気がつかない体育館で段ボールを使って避難スペースをつくってみるという2つの体験をおこないます。 <大人向けプログラム>災害発生時を想定したいろんな制約を出し合い、集まった人たちで知恵を出し合っての、・らいとぴあ周辺にあるものを使ってのサバイバル炊き出し・川や池の水を濾過して飲料水をつくる・真っ暗な体育館で寝転がってみる等々。 いずれも、同じ時間帯で実施しますので、親子で一緒のプログラムに参加していただくことはもちろん、別々のプログラムに参加する…

続きを読む

<報告>今年度一回目のうたごえ喫茶を行ないました

6月21日に今年度一回目となるうたごえ喫茶を行ないました。久しぶりの開催かつ、お天気も微妙な中でしたが、大勢の皆さんにお越しいただきました。 うたごえ喫茶では、懐かしの楽曲たちを田中先生による歌の紹介や、作曲家・作詞家のお話、その曲の流行った時代背景などのためになるお話などで理解を深めつつ、随所に歌唱の指導をいただきながら参加者みんなで歌っています。開催時には、喫茶コーナーもオープンしており、こだわりのメニューをお楽しみいただけます。 次回の開催は8月2日です。うたごえ喫茶は参加費無料です。出入りも自由ですので、途中からでもお気軽にご参加ください。

続きを読む

<報告>祈り部 初夏のぴあぴあコンサート&ワークショップを開催しました

6月17日の午前11時から、らいとぴあ21のぴあぴあルームにて、広島から「祈り部」の皆さんをお迎えしてコンサートとワークショップを開催しました。 この日は、いつもは子どもたちの遊び場となっているぴあぴあルームの一部を会場にして、子どもたちがいつものように遊んでいる傍らでコンサートを行ないました。 コンサートでは祈り部の三人が使っている楽器たち(二胡、バイオリン、エレキベース、コントラバス、ボンゴ、コンガ、カホン等々)の解説をしてもらえました。広島出身の彼らがバンド名を「原爆投下について語り継ぐ語り部」になぞらえて「祈り部」としたことや、音に平和への祈りを込めて活動していることなど、彼らの音楽への思いを聴けました。 また、この日だけのゲストピアニスト、上村美智子さんとの特別なセッションも楽しませてもらえました。 コンサートの様子 ワークショップでは、祈り部の皆さんが演奏されていた楽器を使わせてもらい、みんなで楽器演奏しました。お子さんの代わりにパパが参加したり、ぴあぴあルームの子どもたちが参加したり、賑やかなステージに。 最後にはみんなでピアニストの上村さんオリジナル曲「三本締めブルース」にのせてセッション!ギャラリーも手拍子を打ちながらのセッションは楽しいものでした。小さなお子様連れのご家族から、ぴあぴあルームの子どもたち、高齢の方までゆったりと音楽を楽しめる昼時の音楽会でした。 桶太鼓に挑戦 バイオリンも弾けました 祈り部は、今回のコンサートの前日にも、萱野小学校の6年生と…

続きを読む