〈報告〉ベネズエラから北芝へ

少し前の話ですが・・・ らいとぴあ21で、「音楽」の可能性に触れるとても貴重な機会がありました。 日本から14,484km離れた、南米ベネズエラに話は飛びます。 ベネズエラの首都・カラカスを拠点に活動する「カラカス市民オーケストラ」のみなさんが、 急遽ピースボートにのって 箕面へやってくる!ということになったのです。 驚き半分、こんな貴重な機会はない!ということで、 展示コーナーでのコンサートとトークイベントを開きました。 このカラカス市民オーケストラのみなさんは、ほとんどが「エル・システマ」で育った音楽家です。 「エル・システマ」とは、 ベネズエラの国の音楽教育プログラムで、(英語にすると「ザ・システム」だそうです) 子どもたちが無料で音楽を教えてもらうことができるシステムです。 学校や自分の暮らすコミュニティへ音楽団がやってきて、 楽器をさわりながら音楽を教えてくれます。 貧しい家庭に生まれお金がなくても、音楽が学べること、 オーケストラという団体の中でこどもたちは、 「人と呼吸を合わせること」にさまざまな学び・体験を得ること・・・ 演奏だけでなく、オーケストラのリーダー サダオ・ムラキさん、 ピースボートのスタッフで、10年以上ベネズエラの担当をされてきた松村ますみさんによるお話も聞かせていただきました。 オーケストラの前で、指揮者を体験する!という一コマも! 指揮…

続きを読む

らいとぴあの新年度始まっています!

新年度に入り、あっという間に10日も経ちました。 先週の金曜日から明日にかけて、箕面市内では入学式、入園式が続きます。 新しい生活が始まるこどもたちの声がらいとぴあ周辺の地域に響いています。 真新しい制服姿を見せにきてくれた新中学1年生たちも、 明日からは学校の授業や部活動に忙しくなることでしょう。 らいとぴあ21の2017年度も引き続きNPO法人暮らしづくりネットワーク北芝が運営してまいります。 職員の退職等で若干顔ぶれが変わりましたが、 ・市民のみなさんが「やりたいこと」「やってみたいこと」の応援 ・市民のみなさんに知ってもらいたいことの発信 ・赤ちゃんから高齢者までの方々が安心して過ごせる場の整備 などに邁進してまいります。 また、ブログで各事業や取り組みのご紹介もできればと思いますので、お楽しみに! 月曜開館についてはこちらをご覧ください→http://raipinews.seesaa.net/article/447558595.html

続きを読む

<報告>防災について考えるまもりんぴっく開催

3/25(土)に「防災について考える地域運動会 まもりんぴっく」が開催されました。 こどもと保護者、地域の方あわせて70人くらい集まって、競技をしながら防災について学ぶ機会になりました。 オープニングダンスをみんなでおどった後、 第一競技は【大声だし】です。一斉に大声を出して同じチームの人が何を言ったか聞き取ります。普段大きな声を出すことがないので、いい機会になりました。 第二競技は【新聞紙スリッパ飛ばし】。新聞紙で簡易スリッパを作り、だれが一番飛ばせるかを競います。いざというときに役立つスリッパ。作り方覚えてくれたかな。 その次は【バラエティ走】です。ケンケンパ⇒平均台⇒ネットくぐり⇒麻袋でジャンプ⇒机トンネル⇒スプーンでボール運び⇒バケツリレー の順で進みます。幼児さんから高校生までがんばって走っていました。 最後は大人もこどももみんなで綱引きをしました。 たくさんの参加者と防災について考えることができ、有意義な時間となりました。

続きを読む