<報告>2月のよりみちコンサートを行いました

去る2月4日(土曜日)に山村誠一さん、川端淑恵さん、山下ジュンさんをらいとぴあにお迎えし、 「冬のカリビアン!スティール・パントリオ!」と題してよりみちコンサートを開催しました。 今回も一階展示コーナーが満員になるほどご来場いただきました。 どうもありがとうございます。     さて、いきなりですが、スティール・パンという楽器、皆さんご存知でしょうか? カリブ海の島国、トリニダード・トバゴ共和国発祥の楽器で、 見た目は「底をへこませて、ドラム缶を三分の一くらいのところでぶった切った」ような感じです。 そんな見た目にたがわず、実際にもそのように作られるそうです。 元がドラム缶だけに少々ゴツい外見をしているのですが、 とても柔らかで深みのある音を奏でてくれます。   そんなスティール・パンを主役に据えて、 ポピュラーミュージックから、オリジナル曲、 いかにもな南国テイストな曲にクラシック曲といろんな曲を演奏していただきました。     公演中には、保育園のお出かけで図書コーナーに来ていた保育園児たちが楽しそうに踊る一場面も。     陽気な曲や悲しい雰囲気な曲、いろいろありましたが、 楽しい1時間を過ごしていただけたのではないでしょうか?   次回のよりみちコンサートは、3月11日(土曜日)に、 「思わずあなたも歌いだす?なつかしのアニソンをJAZZアレンジで!」と題し。 青木美香子さん、上村美智子さん、宮本香緒理さんをお迎えして、 ア…

続きを読む

3月4日らいとぴあセミナー「暮らしのごはんが子どもをつくる」開催します!

らいとぴあ21社会課題発信事業 生き方セルフデザインシリーズ「たべる」を開催します! 「いただきます」のあとは「おかわり」日時:2017年3月4日(土曜日)12時半開場 午後1時から3時参加費:無料場所:らいとぴあ21展示コーナー定員:50名要申込一時保育:あり<要申込> 締め切り2017年2月26日(日曜日)PDFはこちら チラシ「暮らしのごはんが子どもをつくる」.pdf 10月23日に開催した「ドキュメンタリー映画『いただきます』と『こどもがつくるごはん』の会」。こども達によるクッキングサークル『二代目キッズカフェ』が510deli(ごっとうデリ)とコラボして、来場者に手作りのおにぎりやお味噌汁、和惣菜をふるまいました。だしをとる鰹節を不思議そうに見つめたり、土がついているごぼうを触って「土の匂いがする!」と興味津々のこども達。イベント終了後、「家でも卵焼きをつくるっていうんです」「いつかは魚をさばくところをこども達にみせたい」と話されるご家族の方、こどもと「この前こんなん作ったで」と会話が弾んだと話されるご家族の方…。ほんの1か月という準備期間の中でも「食」を通じて子どもが変化し、その姿をおとなが見つめるということにつながりました。暮らしの中で多くの時間をしめる「食べること」は、人とのつながりと大きく関係しています。日々の食事を家族で一緒に楽しんだり、一緒には食べられなくても誰かが誰かのために食事を楽しんで作る、そんな思いや価値観を日々感じながら育ったこどもは、誰かを思いやる気持ちや感謝…

続きを読む

(報告)チーム・モイの語り合いカフェがおこなわれました。

2017年2月3日(金曜日)の夜、展示コーナーはこんなかんじでした。 日ごろから、らいとぴあといろんなお付き合いのある箕面市国際交流協会。そこを拠点に実施されていた「チーム・モイの語り合いカフェ」が、初めてらいとぴあの展示コーナーで開催されました。 在住外国人への理解を広げるため、箕面の東部に位置する国際交流協会から飛び出して中部に位置するらいとぴあでも開催の試みを、ということで、らいとぴあは共催という形で協力。 ファシリテーションを担うのは、大阪大学のコミュニケーションデザインセンター講師としてさまざまな企画に携わり、また哲学カフェ「カフェフィロ」のメンバーでもある、ほんまなおきさん(大阪大学准教授)。円形になって、在住外国人当事者や、その思いを知りたい、理解したいと集まった人たちで前半後半に分けてトークを進めていきます。 前半は、「働くということ」について、各人さまざまな立場からの思いの共有。ニートについての議論にも、途中ちょっぴりなりましたが、モンゴルでも同じような課題があるそうです。むーん、興味深い。 中国や韓国の事情はまた違うようで…。 後半は、一人の人が話したいテーマを提供する形で進みます。インドと日本にルーツを持つ参加者のお一人が、「ことば」と「文化」の狭間で感じる違和感について提案。 ケンカすること、議論すること、はっきりと伝えること。そのツールとしての日本語、ヒンディー語の区別。 ケンカするときにヒンディー語は適すが、日本語は違和感があるという彼女。日本はぶつかる…

続きを読む