7月よりみちコンサートレポート♪

7月25日(土)の午後は2ヶ月に一度のよりみちコンサートでした。 『台湾の歌、日本の歌、トゥバの喉歌』と題して、李浩麗さん(歌)、岡野裕和さん(コントラバス)、等々力政彦さん(トゥバ民族楽器演奏家)にお越しいただいた今回。 展示コーナーいっぱいのご来場をいただきました。ありがとうございました。 よりみちコンサートは、「音楽だけではなくその背景にある文化や演奏者さんの思いなども、一緒に感じてもらえる時間があったらいいな」という思いから、写真のスライドなども交えての時間をお送りしています。 そんな中、時事問題にタイムリーに合致することもあり、 イスラム国のことがニュースになっていた3月のアラブ音楽の回では、チュニジアで修行されていた出演者の方のお話から、文化・政治・音楽・・・いろんな視点からイスラム文化やアラブ圏を身近に感じることができました。 今回、李さんがご自身のルーツを交えながら話してくださった台湾のお話も、台湾のいろんな形式やおいしそうな食べ物の写真スライドと相まってとてもリアリティがあり、中国と日本の両方を行き来しながら活動されている中での思いが「ぎゅ」っと伝わってくるものでした。 アンケートに書いていただいたみなさんの感想も、「お話がとてもおもしろかった。」の声がたくさん。(そして、等々力さんによるトゥバ共和国の楽器の演奏には、その珍しさの上にシベリアの話も合わさってワクワク・・。) 音楽をはじめ芸術は、生きていくために必要ないの…

続きを読む

つみきを作ろう!

定期的に流行がくる、ぴあぴあルームの積木。 どこまでも高く積んでみたり、ドミノとして遊んでみたり。積み木の楽しみ方、あそび方は様々! そんな「積木を自分達で作ろう」というのが、今日のプログラム。 ぴあぴあで使うおもちゃを皆で協力して作ろうと、暑い中頑張りました。 地域の方が木を均一に切ってくださったので、今日の作業は皆でヤスリがけ。 地味な作業ですが、安全に使うためにはとっても大切な作業です。 じゃりじゃりという音を立てて、ヤスリがけしていきます。 少しずつ口数が減っていき、真剣になるこどもたち。 集中しすぎて片方ばかり削ってしまったりもありましたが、みんながヤスリがけした木はすべすべになりました。 目標は200個! 先はまだまだ長いですが、 ぴあぴあルーム一面使ってドミノができるように、頑張るぞー!

続きを読む

布さきなわとび!

毎日、高温注意報が出るため、外遊びを中断・諦めなければならない子どもたち… そんなストレスがたまる子どもたちへ、今日のプログラムはストレス発散!「布さきなわとび」 まずは皆で古布をびりびりと引き裂いていきます。 「かたいー」「あっ上手くやぶれたー」と楽しそうな声が聞こえ、大きくて破れにくいものは「せーの」と2人で力を合わせて破っていきます。 そんなびりびりになった古布をぎゅっぎゅっと結んでいき、大縄をつくります。 出来た大縄で、なわとび! 布が少し軽くて、回す方も大変でしたが、きゃーきゃーいいながらも、5回~10回と徐々に回数を重ねて飛んでいく子どもたち。 久しぶりのなわとびは、5回でもキツそうスタッフの皆さん。 「もう一回」「早く」と急かされながら、子どもたちの体力が続く限り、なわとびで遊びました! 余った布は1人用に。 思った以上に盛り上がった、布さきなわとび。 是非、暑くて外に出れないこの夏に古布を引き裂いて遊んでみてください。

続きを読む

かき氷早食い選手権!!!

この日は『かき氷早食い選手権』を行いました。 3チームにわかれてどのチームが早くかき氷を食べられるか?! 「鼻ツーンとするからむり~」「いちご味がいい~」始まる前から子ども達はそわそわわくわく。 よーいドンの掛け声で子ども達は協力しながら1位を目指しました。 選手権が終わった後は、残った氷をみんなで美味しくいただきました。 「みて~、舌何色?」とシロップのおかげでいろんな色の舌がたくさん。かき氷の醍醐味です。

続きを読む

7月25日 らいとぴあ夜間学校『Love me 教育学』

7月25日(土) らいとぴあ夜間学校大学部『Love me 教育学』 講師:得津秀頼さん(NPO法人 D.Live 副理事)  らいとぴあ夜間学校、大学部の最終回は「ラブミー教育学」。自尊感情という言葉をキーワードに自分を愛するとはどういうことなのかを探っていきました。  今回の講師、得津秀頼さんは滋賀県にあるNPOで自尊感情をヒントにした教育活動をされています。 自尊感情の定義は「良いところも悪いところもかけがえの無い自分として受け容れる気持ち」。 4つの構成要素から成り立ち、周囲の大人に大切にされている「包み込まれ感覚」を基礎に、ダメな自分も素晴らしい自分も受け入れる「自己受容感覚」、目標に向かって行動・達成できる自分に期待や自信を持つ「自己効力感」へと派生し、友達と心の通じ合いができているという「社会性感覚」に影響を与えます。この自尊感情が低いと自分を卑下したり、自分の価値を高めるために他人を見下したり、自分の意見が持てず周囲に流されたりし易くなり、逆に自尊感情が高いと他人を尊重しつつ、自分の意見も大事にできて、チャレンジ精神も持てる…といった傾向があるようです。 自尊感情が低くなる背景には… ・共働き家庭の増加により親子間の会話が減少し「愛されていない」と感じる子どもの増加 ・地域の大人との関わりが減り「自分を見てくれている」という感覚の減少 ・情報化社会の発展と価値観の多様化によって、理想像や比較対象の増加 ・SNSの普及により「他者から見られる自分」を強…

続きを読む