【セミナー終了】いま、"部落"をこどもにどう伝える?

11/9(金)、今年2回目の、らいとぴあの社会問題セミナー「いま、"部落"をこどもにどう伝える?」が盛況のうちに終了しました。 当日は約80人の方にご参加いただきました。 先生方にまじって、地域の保護者の人たちの姿が見えたのが印象的でした。 こどもを持つ部落の親たちにとって、学校の先生にとって、地域でこどもたちに関わる大人たちにとって、この問題は意識していようがしていまいが、 つきまとってくる問題なのだと思っています。 「部落って何?」「部落やったら差別されるん?」「今も差別はあるん?」 もし、ある日こどもにこう聞かれたら、あなたならどう答えたいですか? そして、実際はどう答えるでしょうか? また、こどもから聞かれなかったとしても、あえて積極的に、部落のことを自分のこどもや、自分が関わりのあるこどもに、伝えたい、伝えねばと思いますか? 今回のセミナーは、伝えたい、伝えないといけないのでは?と思う。でも、どう伝えていいのか、はっきりした答えはまだ分からない。そんな人たちが集まり、伝えるむずかしさを共有しながら、これから、こどもたちに"部落"をどう伝えられるのかを考え合う機会になりました。 前半は、東京からお招きしたゲスト・上川多実さんのお話。 後半は、この地域で、「"部落"をこどもにどう伝える?」ということに向き合っている様々な立場の人たちのパネルトーク。 そして最後は、グループになって、「なぜ伝えるのか?」「伝えるうえでの難…

続きを読む