多民族フェスティバル!

こんにちはー、地域教育課の中村雄介です 11月27日、MAFGA(箕面市国際交流協会)主催の“多民族フェスティバル”に参加してきました! このお祭りは、“ちがい・であい・せかい”をキーワードに子どもから大人までたくさんの人たちが集い、 食や言葉、遊びなど外国の文化に触れ、異文化交流を深めるためのお祭りで、 オープニングのもちつきに始まり、各国の踊りのステージ、フリーマーケット、エスニック料理の屋台、展示、抽選会など、バラエティあふれるプログラムが目白押しのイベントでした。  僕たちは主に、子どもコーナーのお手伝いとして、“つながるアート”と“かえっこ”(樂駄屋で常設しているおもちゃの交換システム)を出張営業してきました。 当初は何人ぐらいのイベントになるのか予想が出来ず、子どもの数が少なかったらどないしよ~っと少々心配していましたが、 ふたを開けてみるとなんと1600名以上の人が集まる、超大型イベントで“かえっこ”は終日数え切れないほどのちびっこ達で賑わっていました。 かえっこオークションの風景。 子どもたちのお目当ての物を競り落とそうとする目は真剣そのものです こちらは“つながるアート” ここでもたくさんの子どもが足を運び、思い思いに絵を描いてくれました。 こちらは世界の空港にめがけて無数の飛行機が飛びまくる、紙飛…

続きを読む

12月4~5日と言えば・・

箕面  12月  人権   といえば! 今年も『みのお市民人権フォーラム』の季節になりました。 全体会とさまざまなテーマの分科会。 らいとぴあも、その主な会場の一つになります。 ぜひお越しください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ いっさいの差別を許さないために 話す、語る、伝える、分かち合う 《みのお市民人権フォーラム25th》    「みのお市民の誇り・じんけんの初心にかえろう   ~市民の風の四半世紀・部落差別の今」 ●全体会 ======================= □■AM10時開場!場所はメイプルホール!■□ =======================  2010年12月4日(土)  AM10:00開場/10:15開演  場所:メイプルホール大ホール(箕面警察となり)  参加協力費:1000円(分科会1回参加券付)  全体会はテレビプロデューサー・作家の 栗原美和子さんをお迎えし、  部落問題を題材とした講演会を行います。  栗原さんは、フジテレビのテレビドラマプロデューサーとして活躍、 『ピュア』『バージンロード』『人にやさしく』『ムコ殿』『東京湾景』など、 数々のヒット作を世に送り出してきました。  2007年、猿まわし芸人の村崎太郎さんと電撃結婚。その経  験をもとに、被差別部落問題を真正面から描いた私小説  『太…

続きを読む

1日ハローワークを実施いたしました!

今年は、ハローワーク池田・ジョブプラザ、箕面市子ども部、箕面市建築住宅課などと 連携し、ロビーと展示ホールを使用して大々的に開催し、たくさんの方に来館して いただきました。 <相談コーナー>    ①職業相談  ②雇用何でも相談  ③職業適性検査&カウンセリング相談   ⑤職業訓練紹介 ⑥住まいの相談  ⑦マザーズ相談  ⑧保育相談 <求人コーナー>  箕面市や、近隣地域の正社員やパートの求人情報の一覧 <職業適性検査>   パソコンを使って質問に答えると、自分に向いている仕事ジャンルや、性格を   診断してくれて、専門相談員が適切にアドバイスを行います。 <就労に関する閲覧コーナー>   履歴書の書き方の本や、転職に関する本などの提供を行いました   (これらの本は、らいとぴあ図書コーナーで借りることができます) そして、 今年は新しく「マザーズコーナー」を開設し、千里パートバンクから、 「お母さんが働きやすい環境の求人情報」の提供や、「お母さんのお仕事相談」を 専門の相談員が対応しました。 子どもを抱っこしながら、来館されるおかあさん方は、 「仕事がしたくても、小さい子どもがいると、長時間働けないので難しい」 「保育所にも確実に入所できることが分かってからじゃないと仕事を探せない」 「ハローワークへ子どもを抱っこして行きにくい」 などなど、いろいろな相談が寄せられまし…

続きを読む

1日ハローワークの報告!

今年は、ハローワーク池田・ジョブプラザ、箕面市子ども部、箕面市建築住宅課などと連携し、ロビーと展示ホールを使用して大々的に開催し、たくさんの方に来館していただきました。 <相談コーナー>    ①職業相談  ②雇用何でも相談  ③職業適性検査&カウンセリング相談   ⑤職業訓練紹介 ⑥住まいの相談  ⑦マザーズ相談  ⑧保育相談 <求人コーナー>  箕面市や、近隣地域の正社員やパートの求人情報の一覧 <職業適性検査>   パソコンを使って質問に答えると、自分に向いている仕事ジャンルや、性格を診断してくれて、専門相談員が適切にアドバイスを行います。 <就労に関する閲覧コーナー>   履歴書の書き方の本や、転職に関する本などの提供を行いました (これらの本は、らいとぴあ図書コーナーで借りることができます) そして、 今年は新しく「マザーズコーナー」を開設し、千里パートバンクから、「お母さんが働きやすい環境の求人情報」の提供や、「お母さんのお仕事相談」を専門の相談員が対応しました。 子どもを抱っこしながら、来館されるおかあさん方は、「仕事がしたくても、小さい子どもがいると、長時間働けないので難しい」「保育所にも確実に入所できることが分かってからじゃないと仕事を探せない」「ハローワークへ子どもを抱っこして行きにくい」などなど、いろいろな相談が寄せられました。 (「託児所あり」の求人や、お母さんが働きやすい仕…

続きを読む

【11月19日セミナー報告】

先週の金曜日、 ベーシックセミナーの第2回 『若きジャーナリストが見た半島の現在』 が、盛況のうちに終わりました。 70人くらいの方が参加してくださった。 4分の3は存じ上げた顔。 4分の1の方は、どこで情報知ってくださったのか? と、嬉しい初対面。 韓国と北朝鮮の情勢のニュースが報道される中、 なんともタイムリーな時期だったと、 改めてその有意義さを感じるわけですが。 ・・・・・・・ 本当に。 私たちが受身で『見ている』 いや『見せられている』?ニュースというのは、 行間の少ない概要であることが比較的多く(仕方ないことだけれど)、 情報を握る人によって選ばれた情報なのだと思った。 講師のお話は、 米軍基地のために立ち退きを要求された、韓国のある村の取材を通したお話を中心に、 徴兵制の話、 BSEの疑いのある米国産牛肉の輸入緩和に対して、 市民が起こしたろうそくデモの話(学生が中心だったのだそうだ)、 戦争時代の共産主義者の疑いをかけられた市民への弾圧など・・ これらの文字は、いろんなメディアでも見ることはできるが、その内容となると。 現地に行って見聞きした人ならではの口頭の肉付けが、 たんまりたんまりと、なされるのである。 それが、とってもリアルで詳細で、 夢中で聞き入ってしまう。 そんな中、フリージャー…

続きを読む